腸内細菌叢(腸内フローラ)検査

腸内細菌叢(腸内フローラ)とは

人間の腸内には多種多様な細菌が生息しており、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)といい、細菌が棲んでいる様子がお花畑のように見えることから、腸内フローラとも呼ばれています。

数百年前の人間の腸内細菌は、1人あたり1600種と言われています。しかし、現代人は600も少ない1000種と言われています。その1000種も食事の変化や生活環境の変化、抗生物質等の薬によって、以前の物とは大きく変化しているそうです。
また、腸内細菌は600兆個以上腸内に存在しているといわれ、およそ善玉菌・悪玉菌・日和見菌に分類されます。

食生活やストレス、薬などによって腸内細菌叢は日々変化しており、これが乱れて悪玉菌が増えると、悪玉菌がつくり出す有害物質も増えます。この有害物質は、下痢や便秘だけでなく、さまざまな体調不良につながります。

腸内細菌叢(腸内フローラ)の変化が、私たち現代人の病気や健康状態に大きな影響を与えています。

 

 

近年は、米用技術が発達するとともに、細菌の遺伝子検査技術が飛躍的に向上し、腸内細菌の働きがどんどん解明されています。そして、個人の腸内細菌を知る、腸内細菌叢検査が身近なものになってきました。

自身の腸な細菌叢を知ることは、自分の身体を知ることです。

心や身体に違和感、問題をもたれている。健康を維持し、更に健康を促進したい。

そう思われている方は、是非一度ご自身の腸内細菌叢を調べてみてください。今までの確認、新し発見、これからどうしていくのが良いか。自分の中の自分を知ることが出来ると思います。

 

腸内細菌叢検査は、こんな方におススメです。

【腸活を頑張っている方】 腸内環境の改善のために頑張られている方にとって、「実際にどのくらい効果があったのか?」の判断材料となるでしょう。
【健康に気を配っている方】 ご自身の健康に気をつかっている方は、健康診断の一つとして検査をオススメしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【通じやお腹の調子に不安のある方 】 ご自身の体調のいい時と悪い時の腸内環境を比較することで、そのいい腸内を維持するヒントが見つかるかもしれません。
【腸整体で体質改善を目指すお客様にも】 アレルギー・自己免疫疾患(膠原病など)・うつ・パニック・過呼吸・肥満・痩身 ・肌疾患・喘息・膠原病・疲労感・焦燥感・糖尿病・高血圧・高コレステロールなど。様々な症状、体質改善に向け腸整体にお越しくださる方へも、体質改善前と後の記録としてもおススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腸内細菌叢検査で解ること。

【主要な菌の割合】健康に関わりが深いとされている腸内細菌の機能に注目し、ビフィズス菌・乳酸産生菌・酪酸産生菌・エクオール産生菌の存在比率を算出します。それぞれの平均値(自社調べ)との比較で相対的に多め、少なめといった判断が可能です。
【腸内の菌構成】腸内の状態として、菌の構成比率をご覧いただけます。腸のタイプや太りやすさなどを算出の元となるデータです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【腸内環境の推移】生活習慣の変化に合わせて腸内環境がどのように変化するのか、推移を確認できます。また、定期的に腸内をチェックすることで、自覚のない段階でも体調の変化を見られるかもしれません。
【太りやすさ・腸のタイプ 】・肥満と関わりがあると考えられている、ファーミキューテス門菌とバクテロイデーテス門菌の比率を表示します。 ・全人類の腸内細菌のタイプは、血液型のように菌の種類により3タイプに分類されると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【おなかの悩みとアドバイス】 あなたの腸内フローラ、生活習慣アンケートのデータをもとに「便秘」「下痢」のタイプ判定と改善プランの提案を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腸内細菌叢(腸内フローラ)検査キットお申し込み後の流れ

腸内細菌叢(腸内フローラ)検査お申し込みフォーム

腸内細菌叢を検査することで
・太りやすさ
・種類とバランス
・主要菌の保有量

など

腸内細菌叢検査(Mykinso Pro)1回/26,000円(税込)

※お申込み送信後、1日以上経過しても返信メールが届かない場合は、ご利用の携帯端末の迷惑メール設定を今一度ご確認いただくか、06-6809-3490までご連絡ください。 (*印は必須)